スロット ゲーム pc

Power Trading

ABOUT

電力トレーディングの紹介

電力トレーディングは、電力を売買する市場における取引活動を指します。電力供給事業者(発電所や小売業者)や需要家(企業や個人)は、電力トレーディング市場で電力の販売や購入を行います。電力トレーディングにはいくつかの社会的意義があります。
これらの要素により、電力トレーディングはエネルギーシステムの効率性と持続可能性を高め、経済的な利益だけでなく環境への影響も考慮したエネルギーの供給を実現する上で重要な役割を果たしています。

01 エネルギー供給の安定性

  • 電力トレーディングはエネルギー供給の安定性を確保するために重要です。需要と供給のバランスを取りながら、エネルギー市場で電力を販売・購入することによって、需要のピーク時や緊急事態においても十分な電力を確保することができます。

02 競争と効率性の促進

  • 電力市場は競争を促進し、エネルギーの効率的な使用を促します。電力会社や発電所は市場競争に参入し、価格競争や技術革新を通じて効率的な発電方法や配電システムの開発を追求することができます。

03 再生可能エネルギーの普及

  • 電力トレーディングは再生可能エネルギーの普及を促進する効果もあります。再生可能エネルギーは地球温暖化や環境問題への対策として注目されており、電力取引市場において再生可能エネルギーの取引が活発に行われることで、その導入や開発が進むことが期待されます。

04 リソースの最適化

  • 電力市場において、電力を需要と供給のバランスを考慮して効率的に取引することで、リソースの最適化が可能となります。需要が少ない地域や時間帯においては余剰電力を他の地域や需要が高い時間帯に供給することで、電力の無駄を減らし、エネルギー資源の有効活用を図ることができます。

パシフィコ・エナジーは長期的な経済状況、天候や気温の見通しを鑑みながら需要を予測し、天気から日射量や風速を鑑みて時間帯ごとの供給力を予測し、供給が余っている時間帯に蓄電池で電力を充電し、需要が高い時間帯に電力を放電して提供することが蓄電池を活用した電力トレーディングの目的となります ( 卸売市場 )。
さらに、蓄電池の特性を生かした調整力 ( 調整力市場 ) や予備力 ( 容量市場 ) の提供も電力システムにおいて大きな役割を果たすと期待されています。また、将来においては太陽光発電所においても、電力トレーディング機能を通じた電力市場への供給力の提供を見据えています。
パシフィコ・エナジーは独自の市場予測 AI システム・ツールを開発しており、上述のノウハウに加え、AI を駆使した、データ × エネルギーの事業モデルを構築・確立します。
そして、ハードウェア(太陽光発電・蓄電池設備等)とソフトウェア(EMS や通信機器、社内デジタル・AI ツール)の双方を活用し、再生可能エネルギー導入が進んだ日本の電力システムの安定化に貢献して参ります。
電力トレーディング
Back to Top